3分でわかる目の病気
3分でわかる目の病気 > 角膜炎(かくまくえん) > 角膜炎の症状・原因・治療

角膜炎の症状・原因・治療

角膜とは目のいわゆる黒目の部分で、表面の透明な組織を言います。

角膜は物を見る・光を感じるという目の働きのなかで、目の中に光を通すという役割もしており、普段は涙で潤っていることで保護されています。

角膜炎とは、その角膜に炎症を起こした状態の総称です。

症状が重症になると、角膜の役割が果たせなくなり視力が低下したりする病気です。
 

角膜炎の原因

感染など角膜炎の原因は様々ですが、原因がはっきりしないものもあります。

角膜炎,原因角膜の感染症としては細菌、ウイルス、真菌(カビ)、アカントアメーバなど様々な原因が考えられます。

目の怪我、ドライアイ、コンタクトレンズ、逆まつげ、目を触るなどで角膜に傷がつくことも、角膜炎や角膜感染症の原因になります。

細菌・真菌により角膜炎を起こすときは、角膜の傷やコンタクトレンズの手入れ不良によって感染症を引き起こすことが多く、角膜炎を起こす多くの方がコンタクトレンズ使用者になります。
 
スポンサーリンク

角膜炎の症状

角膜炎の症状はその原因や病状によって様々ですが、主な症状には以下のようなものがあります。

・目が痛む、ゴロゴロするなど違和感がある
・白目が充血する
・涙が増える
・まぶたが腫れる
・黒目の部分が白く濁る、このために霞んで見えて視力が落ちる

■点状表層角膜炎
黒目の表面の傷や感染症を起こすことで炎症が起こり、黒目の表面の細胞が死んでしまう病気です。

紫外線や日光などの強い光に長時間さらされた場合になることがあります。

症状は目の痛みや違和感・まぶしさを感じるなどが主で、ほとんどの方は完治します。

■糸状角膜炎
角膜の細胞が上手く再生できず、垢や糸みたいな物が黒目にぶらさがったような状態になります。

原因がはっきりしないこともありますが、ドライアイの方に多いと言われています。

■角膜潰瘍
感染性角膜炎では角膜が炎症でただれたり、えぐれた状態になる角膜潰瘍(かくまくかいよう)を引き起こすことがあります。

このような場合、黒目の痛みや違和感が強くなります。

■重症の角膜炎
角膜炎が重症化すると角膜の濁りが残り、視力障害が起こることがあります。

また、角膜穿孔(かくまくせんこう)と言って、角膜に穴が開いた状態になると最悪、失明の可能性もあり得ます。
 

角膜炎の治療

角膜炎の治療は主に目薬で行われますが、それぞれの原因や病状によって対処は以下のように異なります。

■細菌感染への治療
細菌感染が原因と考えられる場合や、細菌感染を併発する可能性がある場合には、抗菌作用がある抗生物質の目薬が処方されます。

抗菌作用がある目薬は、医師の指示通りに点眼し、止めてもいいという指示が出るまで続けることが重要です。

■真菌(カビ)感染への治療
真菌感染の場合は、目以外の症状がなくても全身感染であることが多くなります。

このため、抗真菌薬の目薬に加えて内服薬や点滴での治療を組み合わせ、治療期間は1か月~数か月程度かかることもあります。

■ウイルスへの対処
ウイルス感染では基本的にはウイルスに対する目薬はないため、体で免疫を作れるように十分に休養をとるようにします。

角膜ヘルペスではヘルペス用の軟膏を使い、重症な場合には飲み薬や点滴が併用されます。点状表層角膜炎では2~3週間程度で症状が軽快すると言われています。

■アカントアメーバへの対処
アカントアメーバに対する目薬はないため、消毒薬もしくは抗真菌薬の点眼や、炎症を起こした角膜を削るなどの処置を行うこと多いですが、なかなか治りにくい病気です。

■コンタクトレンズはどうするか
コンタクトレンズの方は基本的にコンタクトレンズは使用できなくなります。

コンタクトレンズは角膜の上に乗せて物を見るという医療器具ですので、コンタクトレンズが角膜炎の誘因になることも多くあります。

病状によってはコンタクトレンズの種類を変更する場合もあります。

■逆さまつげなどへの対処
逆さまつげが原因の場合で、角膜炎を繰り返すような場合には手術を行うこともあります。

角膜炎になった時はアイメイクやつけまつげの使用も基本的には中止します。

■ドライアイの場合
ドライアイが原因で角膜炎になることも多いため、その場合には人工涙液の目薬や軟膏を使うことが多いです。

ドライアイがひどい場合には手術での治療方法もあります。
 

ヘルペス性角膜炎(角膜ヘルペス)

角膜感染症の中でも単純ヘルペスウイルスによるものは、ヘルペス性角膜炎または角膜ヘルペスと呼ばれます。

単純ヘルペスウイルスはいわゆる「「熱の華」と呼ばれ、口唇ヘルペスを起こすウイルスです。

角膜炎,ヘルペス多くの方はこの単純ヘルペスウイルスにかかっていますが、症状はあまり出ないままに神経の中にウイルスが残っている状態になります。

しかし、風邪を引いたり、疲労が溜まっているなど、体力が落ちてくるとウイルスが活発になって症状が現われるのです。

このウイルスは通常では成人にうつることはありませんが、乳幼児には目のバリア機能ができていないため、うつってしまう可能性があるので手洗いなどの注意が必要になります。
 

スポンサーリンク

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る

同ジャンル・関連ページ

流行性角結膜炎

流行性角結膜炎