3分でわかる目の病気

緑内障の予防

緑内障を発症する原因については未だ解明されてはいませんが、予防する上では食品や生活習慣の改善も重要だと考えられています。
 

ルテイン

緑内障,ルテイン,サプリ目に良いことは一般的によく知られているルテインやビタミン類ですが、これらは緑内障予防に効果的と言われ、これらの栄養素は緑内障の治療の飲み薬や目薬として処方されることがあります。

最近ではルテインのサプリメントも販売されていますが、ルテインはカロテノイドという色素の一種で野菜や海藻類に多く含まれています。
 

ビタミン

ビタミンの中でもビタミンAは夜盲症にも良いとされ、目に必要な栄養素です。その他のビタミンもバランスよく摂取することで、目の血行や疲労回復に効果が期待できます。
 
スポンサーリンク

肉類・糖分の過剰摂取

緑内障,糖分糖分を慢性的に摂り過ぎると神経が障害されるだけでなく、血液の浸透圧が高くなり、白内障や網膜症の原因となる糖尿病に至る恐れがあります。

また、肉類から摂れる脂肪酸は体内で固形になりやすく、血液がドロドロになりやすいと言われており、肉食に偏ることは好ましくないとされています。

血液をサラサラにする栄養素としては、青魚や海藻によく含まれている不飽和脂肪酸の一種であるα―リノレン酸が良いとされています。
 

眼精疲労・ストレス
緑内障,ストレス,疲労

眼精疲労やストレスも眼圧を上げたり、視神経を傷めると考えられています。

パソコンの使用や読書などを長時間行う場合には1時間位で目を作業から外して休め、遠方を見るといった目の体操をすることで疲労が改善されます。

ストレスも自律神経系に作用し、眼圧が上がることがあるのでリラックスできる環境や、気分転換の方法を見つけておくことで緑内障予防に繋がります。

また、長時間うつ向いたり、逆立ちをするなどといった動作も眼圧を上げやすいと言われているので緑内障の治療中の方や、うつ向く作業が長い方は適度に上を向いて目を休めることが好ましいです。
 

軽い運動

軽い運動は血液の流れを良くするとともに、眼圧を下げやすいと言われています。

激しい運動は眼圧を上げてしまう可能性がありますが、軽くジョギングをしたり体操やウォーキングをするなどの軽い運動はリラックス効果や、循環の改善を促す効果がります。
 

日差し・紫外線

紫外線を長時間受けたり、強い紫外線を浴びることで視神経が傷つけられると言われています。初夏から夏の日差しの強い時には、サングラスを常用することも視神経を守る助けになります。
 

お酒・喫煙・カフェイン

アルコール・たばこ・カフェインなどの嗜好品は緑内障との因果関係ははっきりしていません。

緑内障,カフェインアルコールは個人のアルコールの処理能力にもよりますが、少量では血行を改善しリラックス効果があるものの多量の飲酒や空腹時の飲酒は、血圧や血行の変調を招くことがあります。

喫煙は毛細血管を収縮させて目の血行不良に繋がるため、緑内障には好ましくはありません。

最後にカフェインですが、緑内障の原因としては指摘されていないものの自律神経系に作用して瞳孔を開き、眼圧を上げる働きがあります。

しかし、カフェインによる眼圧の上昇は、小さな影響なので日常でコーヒーやお茶を飲む程度なら問題はないとされています。
 

スポンサーリンク

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る