3分でわかる目の病気

緑内障の種類

緑内障は発症の仕方や病状の違い・進行具合などにより、いくつかの種類に分けられます。

緑内障を発症する原因は、房水の調節がうまくいかなくなり、眼圧が上がることで視神経が障害される状態を指しますが、この房水調節の問題がわかるものとわからないもの、また先天的なものに分けられます。
 

原因がわかっている緑内障

緑内障を発症した原因がわかっており、先天的な原因以外で発症するものを続発緑内障と呼ばれます。

続発緑内障は、目や顔のケガの後遺症・糖尿病・白内障などの病気から起こる場合、また薬の副作用などが原因で起こります。
 
スポンサーリンク

原因がわかっていない緑内障

一方、原因がはっきりしないものを原発緑内障と呼びます。

原発緑内障は、房水を排出する隅角という場所が狭かったり、閉塞が見られるものと隅角は広いままに緑内障になる場合があります。

緑内障の種類隅角が狭い、若しくは閉塞して房水の排出が悪くなっているものを閉塞隅角緑内障(原発閉塞隅角緑内障)と呼びます。

また隅角は閉塞していませんが、それに続く線維柱帯やシュレム管という器官が詰まってしまうものを開放隅角緑内障(原発開放隅角緑内障)といいます。

開放隅角緑内障は、眼圧が上がるものとそうでないものがあり、眼圧が上がっていないものは正常眼圧緑内障と呼ばれ、日本ではこの正常眼圧緑内障が最も多く発症しているとされています。

正常眼圧緑内障は、眼圧は上がらないため、診断には眼圧検査だけでなく視野や眼底などの他の検査も踏まえて診断されます。
 

先天的(生まれつき)な緑内障

先天的(生まれつき)な原因で発症する緑内障は発達緑内障と呼びます。

発達緑内障では、先天的に隅角(ぐうかく)の構造が狭くなっているために視神経が障害されことで起こり、生まれつき隅角が狭い乳幼児期で発症する先天性緑内障と房水の排出が追い付かなくなり、青年期に発症する発達性緑内障があります。
 

症状の進み方による緑内障

緑内障の分類の仕方は、症状の進行度合いによる分け方もあります。

症状の進行が急激なものを急性緑内障、対してゆっくり進行するものを慢性緑内障と呼びます。

急性緑内障は、数時間単位で激しい症状が現れるものを指し、急激に症状が悪くなり、手術などの処置が必要な場合もあります。
 

スポンサーリンク

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る