3分でわかる目の病気
3分でわかる目の病気 > ものもらい(麦粒腫・霰粒腫) > ものもらい(麦粒腫・霰粒腫)の症状

ものもらい(麦粒腫・霰粒腫)の症状

ものもらいとは俗称となり、専門的には麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と霰粒腫(さんりゅうしゅ)という2つの病気を総称して呼んでいます。

ものもらいでは、まぶたにイボのようなものができますが、麦粒腫と霰粒腫はそれぞれに原因も異なる病気となりますので症状も若干異なっきます。
 

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)による症状

ものもらいのうち、麦粒腫はまぶたにある皮脂腺に雑菌が感染して起こり、炎症を伴う病気です。

麦粒腫の主な症状とその特徴は以下のようになります。

・まぶたにイボのようなできものができる。
・炎症を伴うため、イボの周りも赤く熱を持って腫れる。
・炎症がひどい時には、まぶた全体や近くの耳の付け根のリンパ節まで腫れることもある。
ものもらい,症状・白目の部分も赤く充血することがある。
・初期にはかゆみがあり、炎症が進むとだんだん痛みが強くなる。
・まばたきや目を動かしたときにゴロゴロとした違和感や痛みがある。
・目ヤニが多くなる。
・化膿すると膿が出てくる。
・通常は数日程度で炎症が収まって腫れが引いてくる。
・自然治癒することもある。

なお、皮脂腺は上まぶたにも下まぶたにもありますので、上下いずれのまぶたにも麦粒腫はできることがあります。

膿(うみ)が出てきたら治りが近いサインですが、この時に目薬を差したり、目を軽く洗うなど清潔にしておかないとさらに悪化させてしまうこともあります。
 
スポンサーリンク

霰粒腫(さんりゅうしゅ)の症状

霰粒腫はまぶたにある皮脂腺がつまって脂がたまって、イボのようなものができる病気です。

霰粒腫の主な症状は以下のようになります。

・まぶたに白っぽいイボのようなものができる。
・炎症は伴わないのであまりイボの周囲は赤く腫れない。
・まばたきや目の動きで違和感はあるが、痛みはあまり強くないことが多い。
・市販のものもらいの薬では軽快しない。
・長期間そのまま置いていると化膿して赤く腫れたり、膿が出たりすることがある。

なお、霰粒腫も皮脂腺にできる病気ですので、上まぶたにも下まぶたにもできます。
 

ものもらいの症状が長引く場合は

数日以上に症状が長引いている場合は次のようなことが考えられます。

・麦粒腫が化膿してしまっている場合
・霰粒腫である場合
・ものもらい以外の病気(ウイルス性の結膜炎、まぶたのがん、など)の場合

症状が長引く場合には「たかが、ものもらい」と軽く考えずに眼科で診察を受けて適切な治療を受けることが勧められています。
 

スポンサーリンク

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る