3分でわかる目の病気
3分でわかる目の病気 > ものもらい(麦粒腫・霰粒腫) > ものもらい(麦粒腫・霰粒腫)の治療

ものもらい(麦粒腫・霰粒腫)の治療

ものもらいとは、まぶたにイボのようなものができる病気の俗称です。専門的には麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と霰粒腫(さんりゅうしゅ)という2種類の病気の総称となります。

麦粒腫と霰粒腫は別の病気となり、それぞれに原因や症状も異なるため、治療法も違ってきます。
 

麦粒腫の治療

麦粒腫は、まぶたにある皮脂腺(汗や皮脂を分泌するところ)に雑菌が感染して炎症を起こす病気です。

このため、細菌の感染や炎症を抑えることが治療方法となり、通常は1~2週間程度で治癒します。

麦粒腫の治療方法は、主に次のようになります。

・抗菌作用がある目薬や軟膏を使う
・目・まぶたを清潔に保つ
・腫れや痛みがひどい場合には抗炎症作用がある目薬や軟膏を使う
・腫れがひどい時には冷やす
・膿が出たり化膿した場合や長引く場合には手術で切開する
 
スポンサーリンク

抗菌作用の目薬・軟膏

麦粒腫の原因である細菌の感染を抑えるためには、抗菌作用がある抗生物質の目薬や軟膏が使われます。

市販薬でも抗菌作用がある「ものもらい用の目薬」があります。眼科では抗生物質の目薬を処方してもらえます。
 

目やまぶたを清潔に保つ

感染が悪化しないように目やまぶたを清潔に保つことも大切です。

ものもらい,治療ものもらいができたら痒み(かゆみ)や痛みがありますが、手でこすったり、痛いから顔を洗わずにいると、さらに雑菌が繁殖してしまうかもしれません。

また、ものもらいができている時にコンタクトレンズをつけたりアイメイクをすることは目が不衛星となり、感染をこじらせることで化膿したりすることもあります。

逆に、必ずしも薬を使わなくても目を清潔に保つだけで麦粒腫は自然治癒することもあります。
 

炎症に対しての治療

麦粒腫では細菌感染によって炎症が起こります。

炎症とは、麦粒腫で言えばイボの周りやまぶたが熱を持って赤く腫れたり、目が充血したり、リンパ節まで腫れたりする症状で炎症がひどいと痛みも強くなることがあります。

炎症を抑えるには抗炎症作用のある目薬や軟膏を使いますが、市販の目薬にも抗炎症成分が含まれているものもあります。

腫れがひどく熱を持っているような場合には、炎症を抑えるために患部を冷やすことでしのぐこともできます。
 

麦粒腫をこじらせたときの治療

感染や炎症が強い場合、市販の目薬では効果が薄く、症状を悪化させてしまうこともあります。

市販の目薬を使ったりしながら1~2週間様子を見ても、ものもらいが軽快しない場合には眼科で診察を受けた方が望ましいでしょう。

化膿する程酷い麦粒腫では、患部を切る手術や処置が必要な場合もあり、より強い抗生物質の目薬を処方してもらった方が良いでしょう。

また、麦粒腫だと思って市販薬で自己治療しても、他の病気の場合では治療効果はありませんので、医師による診断と治療が必要です。
 

霰粒腫の治療

霰粒腫は、まぶたの皮脂腺の出口が脂肪などが溜まり詰まることで白っぽくて硬めのできものです。

麦粒腫とは違って初期には細菌感染や炎症は起こしてはいません。

霰粒腫の治療は以下のようになります。

・経過観察をする
・温めてマッサージをする
・化膿した場合には抗生物質や抗炎症作用がある目薬や軟膏を使う
・手術で切開する
 

薬を使わずに経過を見る

霰粒腫の中にたまっている脂肪は自然と体に吸収されたり、破裂して自然治癒することもあるので、とりあえずは何もせず様子を見ることになります。

薬を使わない治療としては、温めたタオルなどで目を温めながらマッサージをし、脂肪の吸収を促すような方法もあります。

この方法では角膜などを傷つける恐れもあるので自己判断で行わず、医師の指導を受けた方が良いでしょう。

自然に経過を見た時の治癒までの期間は様々で、1か月程度で治ることもあれば数年経っても治らないこともあるようです。
 

化膿した霰粒腫や大きくなった霰粒腫の治療

治癒せずに脂肪がだんだんたまってくると、霰粒腫はどんどん大きくなって、ひどくなると細菌感染を起こして化膿することもあります。

こうなってくるといぼを切開して中身を出すような手術も必要になってきます。ここまで酷くならないようにするために、ステロイド剤の注射で炎症を抑える場合もあります。
 

スポンサーリンク

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る