3分でわかる目の病気
3分でわかる目の病気 > 近視 > 近視と老眼の違い

近視と老眼の違い

近視とは、水晶体で光を屈折させることがうまくいかない屈折異常の一種で、網膜より手前に像を結んでしまうために物がぼやけて見えてしまう状態を指します。

一方、老眼とは目の老化によって水晶体の調節機能が低下するため、ピントがちょうど合う距離が遠くなったりピントが合いにくくなる状態となります。
 

近視の人でも老眼になる

近視の人も目の老化は起こりますので老眼になることもありますし、老眼になりにくいということはありません。

近視,老眼老眼になるとこれまでに見えていた所が見えにくくなったり、良く見える距離が狭まったりします。

近くの物が見えにくくなるというのが代表的な老眼の症状ですが、近視の人に比べると目が良い人の方が老眼に気づきやすくなります。

また、近視の人はコンタクトレンズや眼鏡などで視力を矯正している状態が正常な屈折の状態であるため、老眼になると装着中の方が近くの物が見えにくくなります。

つまり、近視の人が老眼になるとコンタクトレンズや眼鏡を外すと近くの物が見えやすくなるので、老眼になっていないと勘違いされるやすくなることが言えます。
 
スポンサーリンク

近視で老眼になったら

近視や老眼は、その度数に合った対処をすることで進行を遅らせることが可能です。

目に合わない老眼鏡を使用していると老眼が進行し、疲れ目から頭痛や肩こりなど副症状の原因となることがあります。

遠近両用メガネに関しては、最近ファッショナブルな物も販売されていますが、老眼鏡に関しては医師の診察を受けて適切なものを使用されることがすすめられます。

また、コンタクトレンズの上に老眼鏡をかける人もいるようですが、最近は遠近両用のコンタクトレンズも販売されています。
 

レーシックで老眼は治らない

レーシックは角膜という部分を手術し、光の屈折を調節するという近視のための手術方法です。

老眼は、老化で水晶体が硬くなることや筋肉が機能低下することにより起こるので、レーシックでは治療効果はあまり期待できません。
 

スポンサーリンク

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る

同ジャンル・関連ページ

仮性近視,原因

仮性近視

強度近視

強度近視

近視,回復

近視の回復

近視,原因

近視の原因