3分でわかる目の病気

結膜炎の症状

結膜炎は感染やアレルギーなど何らかの原因により、白目やまぶたの裏を覆う結膜という部分に炎症が起こる病気です。

結膜炎,症状結膜炎の主な症状には以下のようなものがあります。

・結膜の充血(白目やまぶたの裏が赤くなる)
・目のかゆみ、痛み
・目やにが出る
・涙が出る

結膜炎はその原因によって、いくつかの種類に分かれて症状の出方もやや異なります。
 

結膜炎の種類による症状

結膜炎の原因は、細菌性結膜炎・ウイルス性結膜炎・アレルギー性結膜炎に大きく分かれます。中でもウイルス性結膜炎は、学校伝染病に指定されており非常にうつりやすい病気となります。

子供に結膜炎と思われる症状が出た時に、結膜炎症のチェックが確認できれば周りにうつさないための対処ができます。
 
スポンサーリンク

細菌性結膜炎の症状

主な症状は以下のようになります。

・白目やまぶたの裏が充血する
・黄色い目やにが出る
・目がゴロゴロするなどの違和感

細菌性結膜炎では黄色っぽい目やにが出ますが、いつもより量が多いという程度です。症状は通常は片目に出ますが、まれに両目に出ることもあります。

抗生物質の目薬をきちんと使うと数日程度で治ります。
 

ウイルス性結膜炎の症状

結膜炎を起こすウイルスには様々な種類がありますが、主な症状は以下の通りです。

・白目やまぶたの裏が充血する
・黄色い目やにや涙が大量に出る
・目の強い痒み、ゴロゴロするなどの違和感がある
 

ウイルス性結膜炎の症状の特徴

ウイルス性結膜炎では症状が急に強く出るのが特徴的です。

実際にはウイルスが目に感染してから数日の潜伏期間があるのですが、一気に症状が出るので目がかゆいかなと思ったら一晩~一日で症状が悪化するパターンが多くなります。

目やにの量はとても多いので、しばしば朝起きた時には上下のまぶたやまつ毛がくっついて、目が開けられないくらいになります。

うつりやすい病気でもあるので、このような症状が見つかった時には早めに医師の診察を受けて、清潔にして学校を休むどの判断が必要です。

また、通常では発症は片目ですが、うつりやすいことからもう片方の目に感染してしまうことがあります。
 

流行性角結膜炎による症状の特徴

結膜炎の中でも特に症状が強いのが流行性角結膜炎だと言われています。

角膜にも炎症が起きた場合には、先に挙げた症状に加えて発症から約1週間後に黒目に白い斑点が発生し、視界が少し見えづらくなることがあります。

また、この角膜の炎症が強くなると目の違和感が強くなったり、ときには痛みを伴うことがあります。
 

咽頭結膜熱

「プール熱」と言われる病気で、学校等のプールで感染することが多い病気です。

先の症状に加えてのどに感染し、リンパ節が腫れて痛みます。さらに39℃程度の発熱も伴います。

ひどい場合には下痢や吐き気・おう吐などの症状もあり、目の症状が治っていても便からウイルスが検出されることもあります。
 

急性出血性結膜炎

先の症状の中でも白目の充血の症状が強く出るため、この名前がつけられました。

アポロ病とも呼ばれる病気です。

現在ではウイルスの性質が変わっており、充血が強く出ないことが多く、角膜に感染を起こすことはありません。
 

ヘルペス性結膜炎

子供がはじめて単純ヘルペスにかかったときに一緒に発症することが多い病気です。

症状は流行性結膜炎に似ています。

目の周りの皮膚に白っぽい発疹や水ぶくれが発生し痛むこともありますが、このときは潰さずにヘルペス用の軟膏を使って治します。
 

アレルギー性結膜炎の症状

アレルギー性結膜炎の主な症状は以下のようになります。

・白目やまぶたの裏側の充血
・目のかゆみ、異物感
・涙が増える
・白っぽい目やにが出る
・まぶたの裏にぶつぶつができる
・コンタクトレンズがずれやすい

アレルギー性結膜炎の症状は両目に出ることが多くなります。目ヤニはいつもより増えますが感染は起こしていないので白っぽいものが出ます。

アレルゲン(アレルギーの元となる物質)の種類によっては、特定の季節にだけ症状が出る場合がよくあります。季節性があるアレルギー性結膜炎の代表的なものには花粉症に伴うものがあります。
 

スポンサーリンク

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る