3分でわかる目の病気

結膜炎を発症する原因

結膜は目の白目やまぶたの裏側を覆っている薄い膜です。結膜炎は、この結膜に感染やアレルギーなどの原因で炎症を起こす病気です。

感染の病原体となる主なものとしては、細菌ウイルスがあります。
 

細菌性結膜炎の原因

細菌性結膜炎を起こす主な菌は、黄色ブドウ球菌などの常在菌と呼ばれる菌です。

常在菌は人の皮膚にもいる菌ですので、通常は人間の体の抵抗力のおかげで感染せずに済んでいますが、抵抗力が落ちるような場合には感染を起こすことがあります。

結膜炎,原因抵抗力が落ちやすいのは以下のような時です。

・ストレスが続いている
・睡眠不足などで疲労がたまっている
・子供(特に乳幼児)、高齢者
・免疫力が落ちるような持病がある

また、コンタクトレンズを衛生的に管理していないとレンズや保存液に細菌が繁殖して、それが結膜炎の原因になることもあります。
 
スポンサーリンク

ウイルス性結膜炎の原因

ウイルス性結膜炎の原因になるウイルスの種類はたくさんあります。

結膜炎を起こすウイルスの多くは接触感染しますので、結膜炎の原因になる場面は日常生活の中にたくさんあります。

代表的なのは学校や幼稚園や職場、プールなど不特定多数の人が直接的もしくは間接的に接触する場所です。

また、ウイルス性結膜炎にかかった人がいる家庭の中では、タオルの使いまわしやお風呂なども感染の原因になり得ます。
 

アレルギー性結膜炎の原因

アレルギー性結膜炎はアレルギーの元になる物質(アレルゲン)が結膜に触れることで結膜炎を発症します。

アレルゲンとして主な物には以下のようなものがあります。

結膜炎,原因,花粉・ダニ
・カビ
・ハウスダスト
・花粉
・コンタクトレンズの汚れ

花粉に関しては、スギ・ヒノキ・イネ科植物・ブタクサなど花があり、それぞれの花粉が飛ぶ季節に症状が出ます。
 

コンタクトレンズによるアレルギー性結膜炎

コンタクトレンズを長期間繰り返し装着していると、どうしてもタンパク汚れがレンズについてしまいます。その汚れが刺激になって、瞼(まぶた)の裏などに触れることでアレルギー反応を起こし結膜炎になってしまいます。

長時間つけっぱなしの場合や、コンタクトの洗浄が不十分な場合に起こりやすいと言えます。
 

スポンサーリンク

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る