3分でわかる目の病気

飛蚊症の症状

飛蚊症とは目の病気によって、視界に本来見えるはずのない虫のようなものがチラチラと動いて見える症状を指します。

飛蚊症になると目の硝子体という部分に濁りが生じることで、それが網膜に映されて見えます。

このため、実際には見えていないはずなのに黒や白の点・線などが、まるで虫や細かいヒモのようなものが浮かんで見えるのです。

また、目の中の濁りを見ているので視線をそらそうとしても、視界の中にずっとついてきます。
 

飛蚊症に似ている症状

飛蚊症に似た症状で光視症があります。これは、目の中に稲妻のような光が走ったり、キラキラと細かい光が瞬いたりするように見える症状です。

飛蚊症と光視症が同時に出る場合は、網膜剥離を起こしている可能性がありますので、早急な眼科受診が勧められます。また、光視症が続いているのに目に異常がない場合には脳の疾患が隠れている可能性があります。
 
スポンサーリンク

飛蚊症と一緒に気を付けたい症状

飛蚊症には生理的なものと病的なものがあります。生まれつきの飛蚊症では、症状が悪化しなければ治療の必要はないとされています。

加齢による硝子体の濁りで起こる飛蚊症や通常の飛蚊症は、症状に慣れてくると症状が軽減したように感じます。

飛蚊症,症状加齢による場合は直ぐに治療の必要はありませんが、硝子体の加齢は網膜剥離や網膜裂孔などの病気に繋がる場合があるので注意が必要です。

光視症・視力の低下・視野が欠けるなど、飛蚊症とともに他の症状がある場合は、網膜剥離やその前の段階であることを考えなければなりません。

網膜剥離に関しては失明の危険性がありますので、飛蚊症に気付いたら早めに眼科診察がすすめられます。

その他、飛蚊症の原因となる病気としてはぶどう膜炎などがあります。

ぶどう膜炎は、目の充血や痛みを伴うことが多く、また全身性の感染症や炎症性疾患(サルコイドーシスなど)を伴うことも多い病気です。
 

スポンサーリンク

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る

同ジャンル・関連ページ

飛蚊症,原因,紫外線

飛蚊症の原因

飛蚊症,治療,ストレス

飛蚊症の治療