3分でわかる目の病気
3分でわかる目の病気 > ドライアイ > ドライアイの対策・予防

ドライアイの対策・予防

冬場は空気が乾燥しており、涙が蒸発して目が乾きやすく、逆に夏場になるとエアコンや扇風機に長時間さられることで目が乾燥しやすくなります。

また、飛行機内やホテル内なども空気が乾燥しがちな場所として知られています。目の乾燥を感じるような場所にいる時は、加湿器等で保湿につとめ、目薬を使って目を潤すことが第一の対策となります。
 

目薬で目を潤す

ドライアイに対して医師から処方された目薬、若しくは防腐剤や血管収縮剤の入っていない人工涙液の目薬がすすめられます。

ドライアイに適していない目薬を差すと症状を悪化させることがあるので注意が必要です。
 

コンタクトレンズの使用について

コンタクトレンズを装着しているとドライアイになりやすく、特にソフトコンタクトレンズでは多くの人がドライアイに悩まされています。

コンタクトレンズは長時間の装着は避け、しっかりと洗浄して清潔に管理することが大切です。
 
スポンサーリンク

長時間のパソコン・読書・運転

パソコン・スマートフォン・読書・運転など集中されるときは、まばたきの回数が減ることで目が乾燥しやすくなり、涙の分泌量も減ります。

長時間の作業をする場合、意識的にまばたきをしたり、適度に休憩をして遠くを見るなどして目の運動を行いましょう。

パソコンは目線より低めの位置で、あまり目を見開かない方が目の乾燥を防ぐことができます。
 

目の乾燥を防ぐグッズ

最近、乾燥を防ぐグッズが販売されており、ドライアイ用の保湿用眼鏡や普通の眼鏡のフレームに付けることができるカバーなどがあります。
 

休息や睡眠をしっかり取る

ドライアイ,対策ストレス状態や緊張が長く続くと交感神経系が興奮し、涙の分泌量が減ると言われています。

また、睡眠不足や生活リズムの乱れも交感神経系の乱れに繋がり、涙が分泌されにくくなったり、疲れ目を起こしやすくなるのです。

このようなことから休息をとり、気分転換をし、しっかりと睡眠をとることがドライアイ対策に繋がります。
 

ホットタオルを使ってリラックス&マッサージ

帰宅後、温かいお湯で絞ったタオルを目の上に乗せると保湿と保温とリラックス効果が期待できます。

涙腺は適度に温めた方が、血行が良くなって涙の分泌が良くなると言われています。

この時、目の周りの筋肉をほぐすよう優しくマッサージすることで、筋肉や涙腺がリラックスして涙の分泌が促されます。

また、目の周りには涙の分泌を促したり、疲れ目に効果のあるツボがあり、このツボを押すことで血行を促します。
 

目に良い栄養をとる

涙は目に栄養を届ける役割もあり、ドライアイになると目が栄養不足となることが考えられます。

目の栄養不足は、ドライアイや疲れ目の誘因になるので、ルテイン・アントシアニンなどの色素やビタミン類・タンパク質などが効果的だと言われており、これらはサプリメントなどから摂取することができます。
 

薬の副作用による影響

薬剤の副作用で涙の分泌が抑えられることもあり、内服だけでなく一部の目薬でもこのような副作用が考えられます。
 

スポンサーリンク

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る